【ドッグフード販売士厳選】毛並み・毛艶を良くする!おすすめのドッグフードランキング

【ドッグフード販売士厳選】毛並み・毛艶を良くする!おすすめのドッグフードランキング

「愛犬の毛がパサパサして、ツヤがない・・」
「毛量が少なく、毛並みが悪い」など、愛犬の毛艶や毛並みに悩んでいませんか?

犬は油やタンパク質が不足すると、毛のツヤが失われてパサついたり、抜け毛が増えて毛量が少なくなります。

そこで、毛艶・毛並みを良くするドッグフードについて、ペットフード販売士が3つのポイントにしぼって解説します。

また、毛艶・毛並みの改善におすすめのドッグフードも3点ランキングでご紹介しますので、ぜひ愛犬のフード選びの参考にチェックしてください。

チェックポイント!

ツヤのないパサパサの毛は、どうすれば良くなるのか・・

毛艶や毛並みに良いドッグフードについて、一緒に確認していきましょう!

それではまいります。

毛並み・毛艶におすすめのドッグフード

毛艶・毛並みに良いドッグフードのポイント

毛艶・毛並みに良いドッグフードのポイント

毛艶や毛並みを良くするドッグフードのポイントは、大きくわけて3つあります。
それは「油の成分」「主原料」「消化の良さ」です。

●毛艶・毛並みを良くするドッグフードのポイント

【ポイント①】「オメガ3」と「オメガ6」が配合されている

毛艶や毛並みを良くするには、積極的に摂取したい油があります。
それは「オメガ3」と「オメガ6」の2つの油の成分。

オメガ3とオメガ6は肌荒れや脱毛を予防・改善する働きがあり、毛艶や毛並みを良くする効果があります。
そのためドッグフードにオメガ3とオメガ6が配合されているか、チェックしましょう。

【ポイント②】主原料が肉、または魚

犬の毛や皮膚の細胞は、タンパク質からつくられます。
そのため毛艶や毛並みの改善には、タンパク質をしっかり摂取させること。

そこでおすすめなのが、肉や魚がメインのドッグフードです。
肉や魚からは、毛や皮膚の維持に欠かせない「必須アミノ酸」を含んだ良質なタンパク質を摂取できます。

【ポイント③】グレインフリー(穀物不使用)など、消化の良いもの

毛のパサつき、肌荒れ、毛量が少ないなどの原因には、フードの消化不良が影響している場合があります。
そのため愛犬の毛や皮膚の健康には、お腹に負担がかからない消化の良いドッグフードを選びましょう。

とくに「グレインフリー」のドッグフードは、犬が消化しにくい穀物が一切使用されていないので、消化不良の心配がなく安心です。

さらに詳しい説明や選び方のポイントについて、1つずつ確認しましょう。

毛並み・毛艶におすすめのドッグフード

【ポイント①】毛艶を良くするオメガ3・オメガ6とは

【ポイント①】毛艶を良くするオメガ3・オメガ6とは

「毛がパサついている」「ツヤがない」など、愛犬の毛の状態が良くないときは、油の摂りかたを見直す必要があります。

なぜなら、艶のあるキレイな毛並みの維持には油が欠かせないから。

ただ、どんな油でも良いわけではありません。
毛艶や毛並みの改善に必要な油は、「必須脂肪酸」と呼ばれるオメガ3オメガ6です。

●犬の毛に欠かせない「必須脂肪酸」とは?
必須脂肪酸とは、犬の毛や皮膚に欠かせない油「オメガ3」「オメガ6」のこと。

どちらか一方だけでも不足すると、毛が乾燥してパサつく、毛艶がなくなる、抜け毛が増えるなどの症状があらわれます。

そのため毛艶や毛並みを良くするには、オメガ3とオメガ6の両方をバランス良く摂取することが大切です。

【オメガ3】体内の炎症を抑える(抗炎症作用)
主な食品・・魚の油、亜麻仁油

【オメガ6】肌のバリア機能を整える
主な食品・・鶏の油、菜種油

このことから愛犬の毛並みにツヤや潤いを与えるには、オメガ3とオメガ6の両方を積極的に摂取させる必要があります。

そこで、ドッグフードに含まれるオメガ3とオメガ6の配合率をチェックしましょう。

それぞれの配合率は、ドッグフードの栄養基準を定めるAAFCO(米国飼料検査官協会)の設定値を目安にします。

なお、AAFCOの基準では、1日に摂取が必要なオメガ6の量を子犬が1.3%以上、成犬は1.1%以上、オメガ3は子犬が0.13%以上(成犬は設定なし)と定めています。

オメガ6・オメガ3のAAFCO基準

●子犬(幼犬)
【オメガ6(リノール酸)】1.3%以上
【オメガ3】0.13%以上

●成犬
【オメガ6(リノール酸)】1.1%以上
【オメガ3】未設定

※オメガ3はα-リノレン酸0.08%とEPA+DHA0.05%の合計値です

愛犬の毛並み・毛艶を良くするには、この基準を上回るドッグフードを選びましょう。

ただ、ドッグフードによっては「脂質○%以上」と一括表示されていて、オメガ6やオメガ3の割合がチェックできない場合もあります。

その場合は、原材料に魚の油や亜麻仁、菜種、鶏油などの食材が含まれていないか確認すること。

魚の油や亜麻仁にはオメガ3が、菜種や鶏の油にはオメガ6が豊富に含まれているので、これらの食材が使用されているドッグフードを選べば、オメガ3やオメガ6を摂取できます。

チェックポイント!

毛並みや毛艶を良くするには、「オメガ3」と「オメガ6」を摂取させること!

ただ「オメガ6」は摂りすぎると、体内に炎症を引き起こす危険性があるので過剰摂取は禁物です

そのため、オメガ6だけが極端に多いフードは避けましょう

つづいて、毛並みや毛艶の改善におすすめの主原料を見ていきましょう。

【ポイント②】犬の毛には「良質なタンパク質」が必要

【ポイント②】犬の毛には「良質なタンパク質」が必要

毛並みや毛ツヤを良くするには、ドッグフードの主原料にも注意しましょう。

というのも、犬の毛や皮膚の細胞はタンパク質からつくられます。
そのためツヤのあるキレイな毛並みを維持するには、タンパク質をしっかり摂取する必要があります。

なかでも重要なのが、食事でしか補えない「10種類の必須アミノ酸」を含んだ良質なタンパク質を摂取することです。

  • 必須アミノ酸とは? 必須アミノ酸とは?

    犬の皮膚や毛、筋肉、骨など、全身の細胞は、約20種類のアミノ酸からできています。
    アミノ酸は20種類あり、10種類は体内で必要な量をつくり出せます。

    しかし、残り10種類のアミノ酸は体内で必要な量をつくり出せないため、食事で補う必要があります。それが「必須アミノ酸」です。

そこでおすすめなのが、主原料に肉か魚が使用されたドッグフードです。

肉や魚由来の動物性タンパク質には、毛や皮膚の細胞のもととなる「必須アミノ酸」が10種類すべて含まれています。

肉や魚由来の動物性タンパク質には、毛や皮膚の細胞のもととなる「必須アミノ酸」が10種類すべて含まれています。

ちなみに小麦や大豆に含まれる植物性タンパク質には、必須アミノ酸が10種類すべては含まれていません。

このことからも主原料に肉や魚を使用したドッグフードは、毛や皮膚に欠かせない「必須アミノ酸」を効率よく補えるので、おすすめです。

チェックポイント!

ツヤのあるキレイな毛並みを保つには、肉や魚がメインのドッグフードがおすすめ!

毛や皮膚の健康に欠かせない「必須アミノ酸」をしっかり摂取できます

また、毛並みを良くするには、フードの消化の良さも大切です。
詳しく見ていきましょう。

【ポイント③】毛のパサつき・抜け毛の原因は消化不良?

【ポイント③】毛のパサつき・抜け毛の原因は消化不良?

ツヤのある毛並みを維持するには、消化の良いドッグフードを選ぶことも大切です。

なぜなら消化不良による代謝機能の低下が、毛のパサつきや抜け毛を増やす場合があるから。

とくに大量摂取を避けたいのが、トウモロコシや小麦などの穀物類です。

犬は腸があまり長くない(体長の約5~7倍)ので、繊維の多い穀物を消化するのが苦手。大量摂取は消化不良を起こす危険性があります。

そこでおすすめなのが、原材料に穀物が一切使用されていない「グレインフリー」のドッグフード。

犬が消化しにくい穀物(トウモロコシや小麦など)が使用されていないので、お腹に負担をかけずにスムーズに消化されます。

消化器官が未熟な子犬や体の機能が低下した高齢犬、お腹の弱い愛犬にも安心して与えられます。

またグレインフリーの主原料は、肉や魚。肉や魚からは、毛や皮膚に欠かせない「必須アミノ酸」をしっかり摂取できます。

チェックポイント!

犬は穀物よりも肉や魚のほうが消化しやすいです

とくに子犬や高齢犬は消化不良を起こしやすいので、消化がスムーズなグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードを選んであげましょう

以上が、毛艶・毛並みを良くするドッグフードのポイントです。

いよいよ次は、ペットフード販売士が選んだ「毛艶・毛並みにおすすめのドッグフード」を見ていきましょう。

ペットフード販売士厳選!毛艶・毛並みにおすすめのドッグフードランキング

ここからは、ペットフード販売士が厳選した【毛艶・毛並みにおすすめのドッグフード】を3点ご紹介します。

なお、ドッグフードの評価基準は、前の章までにお伝えした「毛艶・毛並みを良くするドッグフードのポイント」

①オメガ3・オメガ6が配合
②主原料が肉、または魚
③グレインフリー(穀物不使用)など消化の良いもの

以上3つのポイントと、愛犬に安心して与えられる「安全性」も評価の対象として、ランキングをつけています。

さっそく、1位から見ていきましょう。

毛並み・毛艶におすすめのドッグフード ランキング

毛並み・毛艶におすすめのドッグフードランキング

モグワン

モグワン

総合評価5点 5点

通常価格 3,960円(税抜)/1.8kg
定期購入 初回50%OFF!
1,980円(税抜)/1.8kg
対応年齢 全年齢OK

栄養面について

  • 毛艶や毛量の改善に効果的なオメガ3が、AAFCO基準の約10倍!
  • 主原料は高タンパク低脂肪な鶏肉とサーモン
  • 抗菌作用のラウリン酸が豊富なココナッツオイル配合

安全性について

  • 原材料はすべて人が食べられる高品質なものだけ
  • グレインフリー(穀物不使用)でお腹にやさしい
  • 手作りレシピを参考にした風味豊かなフード

肌荒れを防ぐ「オメガ3」と肌のバリア機能を整える「オメガ6」の両方が豊富に含まれているので、毛艶や毛並みの改善が期待できます。

また抗菌作用のラウリン酸が豊富なココナッツオイルも、皮膚トラブルの予防に効果的。

さらに原材料の50%に鶏肉とサーモンが使用されているので、毛や皮膚の細胞のもととなる「必須アミノ酸」もしっかり摂取できます。ドライフードには珍しく風味が豊かなので、食いつきも抜群です。

カナガン

カナガン

総合評価4.5点 4.5点

通常価格 3,960円(税抜)/2kg
定期購入 3,564円(税抜)/2kg
対応年齢 全年齢OK

栄養面について

  • 高配合のオメガ6とオメガ3が、毛のパサつきや肌荒れを予防
  • 原材料の51%に、高タンパク低脂肪の鶏肉を使用!
  • 関節強化に必要なグルコサミン・コンドロイチン配合

安全性について

  • 原材料はすべてヒューマングレード
  • 犬が消化しにくい穀物は一切使用されていません(グレインフリー)
  • 人工添加物・遺伝子組み換え不使用!

オメガ6とオメガ3がAAFCO基準より多く(オメガ6は2.3倍、オメガ3は7倍)配合されているので、毛や皮膚が潤いキレイな毛並みを維持できます。

また主原料に鶏肉が使用されていることから、毛や皮膚に必要な「必須アミノ酸」も十分摂取できます。

さらに軟骨成分のグルコサミン・コンドロイチン配合なので、関節ケアにも効果的。お腹の弱い愛犬にも安心なグレインフリー(穀物不使用)のフードです。

アランズ

アランズ

総合評価4点 4点

通常価格 3,960円(税抜)/2kg
定期購入 3,564円(税抜)/2kg
対応年齢 生後7ヶ月以上

栄養面について

  • 肌荒れを予防・改善するオメガ3がAAFCO基準の約8倍!
  • 原材料の55%にラム肉を使用!
  • 低カロリーなので、肥満気味の愛犬にもおすすめ

安全性について

  • 8つの食材だけで作られた、無添加フード
  • 動物性食品はラム肉だけ!鶏肉・牛肉アレルギーでも安心
  • 消化吸収率94%!お腹に負担をかけません

毛艶や毛並みに必要なオメガ3とオメガ6がしっかり含まれているので、脱毛や毛量が少ないなどの悩みを改善します。

また原材料の55%にラム肉が使用されているので、毛や皮膚の健康に欠かせない「必須アミノ酸」をしっかり摂取できます。

なお動物性食品はラム肉だけなので、鶏肉や牛肉アレルギーの愛犬にもおすすめです。

さらにアランズの消化吸収率は94%!グレインフリーではありませんが、お腹に余計な負担がかからないので安心して与えられます。

まとめ

毛艶・毛並みを良くするドッグフードのポイントと、おすすめのドッグフードを3点見ていただきましたが、参考になりましたでしょうか?

もう一度、毛艶・毛並みに良いドッグフードのポイントのおさらいです。

毛艶・毛並みを良くするドッグフードのポイント

  • オメガ3・オメガ6が配合
  • 主原料が肉、または魚
  • グレインフリー(穀物不使用)など消化の良いもの

以上のポイントを参考に、愛犬にベストなドッグフードを選んであげましょう。

(参考文献)
【一般社団法人ペットフード協会・ペットフート販売士認定講習会テキスト】
「犬・猫の体の構造と生理」「犬・猫の栄養に関する基礎知識」より

あしあとおすすめドッグフード目的別ランキング